太陽光発電システム

太陽光カテゴリ

太陽光発電は本当に得なのか

太陽光発電のコストパフォーマンスを考える時に必要な事項として、初期投資・維持費用・売却益を考える必要があります。
初期投資は装置とその設置費用から自治体などの補助資金を引いたものになります。装置はその性能により発電力が
変わってきますのでより効率の良いものが求められます。高いものならば性能が良いというわけではなく、購入後の維持費用と合わせて総合的に判断する必要があります。発電能力が高くても耐用年数が短ければ修理や買い替えによって費用が嵩んでしまいますし、修理に時間がかかれば発電時間が減ってしまいます。このような条件を考慮してメーカーや販売店を選定する必要があります。いいものが揃った後に考えなくてはならないのが売却益です。電力会社の買い取り金額が初期投資
や維持費用を補填出来るかどうかがポイントになります。電力会社に発電した電気買い取ってもらう為には従来の契約を残したうえで買取の条件を契約する必要があります。これは一見無駄のようにも感じますが、太陽光発電では雨が続くなどの悪条件が続けば発電量が足りなくなる可能性が高いので必要な事なのです。売却益から電力契約料を引き更には好天率を考慮しなくてはいけないので、100%を太陽光発電に頼るというより何%を置き換えられるかと考えるべきでしょう。

その結果抑えられる電気代が全体として得だと考えられるかどうかが、導入の決めてになる事が多いようです。

豪雪地帯でもメリットのある太陽光発電

太陽光発電のシステムを住宅に設置することが注目されています。いわゆる自家発電になるのですが、太陽光を利用する場合では、二酸化炭素などを排出することが無いために、クリーンエネルギーとしても知られており、特に環境に優れた発電のシステムと言えます。多くのケースで太陽光発電のシステムは、住宅の屋根に太陽光パネルを設置することが行われています。設置する際には地域によって一定の基準が設定されており、常に良好な状態で発電できるように、方角や角度などが決められています。温暖な気候を持つ地域にとっては非常に利用価値の高いシステムとなりますが、その一方で豪雪地域の場合では、利用方法が一変することになります。豪雪地域の一般的な戸建て住宅の場合では、傾斜の付いた屋根に太陽光パネルを設置しても、冬期間の発電は殆ど見込むことができません。中には小まめに除雪を行うことで一定の発電量を確保することも行われていますが、一般住宅の場合では現実的とは言えない状況があります。そのため豪雪地域で太陽光発電を活用するためには、例えば陸屋根の場合では、屋上の部分に急な傾斜を付けて設置したり、三角屋根の住宅の場合でも庭などの敷地部分に立て看板のように急な傾斜で設置することで、一定の発電量を維持することが可能となり、メリットは十分に得ることができます。

ちなみに最近では、豪雪地帯でも太陽光発電に不向きではないというのは一般的に認知されています。実際に、北海道はそれまで太陽光発電後進地域でしたが、今ではメガソーラーに適した地域として認識されています。発電システム自体が積雪対応できるようになったこともありますが、実際には十分な日照が確保されているだけでなく、最近では雪からの反射光が発電に有効という研究結果もあったりします。

問題は、後進地域だっただけに、経験豊富な業者が少ない事です。当サイトで調べた限りでもほとんどなく、見つけた限りでは美濃電気さんが太陽光発電を北海道で施工した業者の中で最も古株でした。お住いの地域により対応できるかは分かりませんが、経験豊富な業者さんですので問い合わせてみることをお薦めします。


マンションアパートに設置するメリット

太陽光発電で電力を少しでもまかなうという考えはよく検討されます。
実際にはまだまだ費用がかかり、すぐに費用対効果があらわれることはありません。
電力の買取価格も今後どのように変動するかにもよります。
それでもなぜ今太陽光発電といわれるのか、メリットがあるからです。
ひとつは自然エネルギーを使うことで環境にやさしいということです。大きく言えば地球温暖化を防ぐことにもつながります。
当然ながら電力を自宅で発電できるので節電することができる、もしくは余った電気を電力会社に買い取ってもらうこともできます。
停電の場合なども発電時は電気を使用することができます。
そして今は自治体など補助金が出るケースもあります。
特にマンションやアパートなど屋根の面積が大きく取れるので発電量を増やすことにもなります。
そしてマンションやアパートは比較的高い位置にあるといえるので日照時間が長く取れることが考えられます。
また夏場など日照が強い時期は屋根が熱くなり夜になってもすぐに冷めないので室内がとても暑くなります。
太陽光発電を屋根に取り付けることで、室内の温度が少しでも上がることを防ぐことができます、これによってクーラーなどの使用による電力も少しでも抑えることができ、メリットも十分あるといえます。